3+2 の計算の仕方を幼児に教えます。普通ではありませんが、効果的な教え方があります。

「いち、に、さん、し、ご、ろく、しち、……」と

数字を順に唱えるのが好きです。

 

お風呂で

階段で

元気に唱えます。

 

1を「いち」

2を「に」

3を「さん」

4を「し」……と

数字に興味が強く

読み方を覚えています。

 

数字をまねして

書き始めてもいます。

 

算数に興味がありそうです。

たし算を教えてみようかしらと

思います。

 

普通と少し違いますが、

とても効果的な

教え方があります。

 

①今持っている力だけを

組み合わせることで

たし算 3+2 の計算の仕方を

教えます。

 

普通、子どもが

今持っている力を

考えません。

利用しようとしません。

 

② 3+2 の答え5の出し方を

見本として見せて

子どもが、まねできるようにします。

 

普通、答えの出し方を

言葉で説明して

理解させます。

 

普通ではありませんが

とても効果的な教え方が

生まれます。

 

3+2 の3を示して、

「さん」と読みます。

読む見本です。

 

3+2 の+の左の

数字3を読んでいることを

子どもは理解します。

 

次に、3+2 の2を示して、

「し、ご」と

数字を2回唱えます。

数字を唱える見本です。

 

3+2 の+の右の

数字2から

2回、数字を唱えていると

理解します。

 

「わ(=)」とリードして

3+2= としてから、

「ご(5)」とリードして

3+2=5 です。

 

2~3問、

足りなければ

5~6問、

同じように教えれば

子どもは

同じ計算の仕方を

自分で使い始めます。