2020年09月26日(土)~10月02日(金)のダイジェスト。

20年09月26日(土)

 

「結果に責任を持つ教え方」をすれば、

子どもは、正しい答えを出す計算の仕方や、

速い計算に責任を持つようになります。

 

 

20年09月27日(日)

 

小学算数のまとめの計算:四則混合で、

分数の +・-・×・÷ の計算が

区別できなくなって、

ゴチャゴチャに混乱したら、

とてもいいことです。

 

心を広げる体験ができます。

 

 

20年09月28日(月)

 

四則混合の計算で、

分数の+・-・×・÷ の計算の仕方を

区別できなくなるのが普通です。

 

大混乱です。

 

この「混沌」を、

嫌々であっても、

心に受け入れることは、

計算の発達段階の一つです。

 

 

20年09月29日(火)

 

9+5= を見たら、

答え 14 が心に浮かぶ感覚があります。

 

この感覚を、

「く」、「じゅう、じゅういち、じゅうに、じゅうさん、じゅうし」と数える計算を、

ひたすら繰り返した結果、

自然に持ったようです。

 

 

20年09月30日(水)

 

計算を手掛かりに、

例:-2-3=-5 を、

見てまねするように育てます。

 

この例は、

たし算で計算しています。

 

 

20年10月01日(木)

 

九九の一つの段を、

6秒で唱えられるようになると、

九九の計算から音が消えます。

答えを瞬時に出す感覚を持ちます。

 

 

20年10月02日(金)

 

持てる力を精一杯に使って、

夢中になって計算することを、

子どもに教えます。

 

言葉で説明しにくい内容ですから、

夢中になる計算を、

こちらがリードして、体験させます。

 

例えば、

たし算の指が取れた子のたし算

6+8=、4+6=、9+5= を、

6+8= の+を示して、

「じゅうし(14)」と、

小声で、号令をかけるように言って、

6+8=14 と書き始めるのを待たないで、

次の 4+6= の+を示して、

「じゅう(10)」、

4+6=10 と書き始めるのを待たないで、

次の 9+5= の+を示して、

「じゅうし(14)」・・・と、リードします。

 

このようにして、

こちらのリードのスピードに

付いてくるのがやっとにすれば、

持っている鉛筆に汗をかくようになって、

夢中になっています。