12+6= を、2+6= を見たら、答え 8 が出るたし算の感覚を利用して、計算できます。実況中継を見せて教えます。

16+4=、13+5= を、

6+4=10 や、3+5=8 の

たし算を利用して計算します。

 

3+5=、6+4=、5+9=、7+5=、8+7=、

4+8=、5+6=、9+7=、8+3=、4+4=、

・・・・・

このようなたし算を見たら、

答えが出る感覚を持っている子です。

 

だから、

たし算の感覚を利用する計算の仕方を教えます。

 

子どもが持っている力を使う計算であれば、

身近に感じることができるからです。

 

また、

3+5= を見たら、答え 8 が、

6+4= を見たら、答え 10 が、

瞬時に出るたし算の感覚は、

言葉を利用して計算していません。

 

ですから、

言葉で説明しないで、

こちらの計算の実況中継を見せる教え方をします。

 

16+4= の 16 の 1 を隠して、

6+4= が見えるようにしてから、

「じゅう(10)」、

16 の 1 を見せて、

「にじゅう(20)」と実況中継します。

 

見て、聞いていた子は、

16+4=20 と書きます。

 

が、

どこかぎこちない感じです。

 

気のせいかもしれませんから、

もう 1 問、

実況中継を見せます。

 

13+5= の 13 の 1 を隠して、

3+5= が見えるようにしてから、

「はち(8)」、

13 の 1 を見せて、

「じゅうはち(18)」と実況中継します。

 

見て、聞いていた子は、

13+5=18 と書きます。

 

やはり、

何もつかめないようです。

 

3+5= を見たら、答え 8 が、

6+4= を見たら、答え 10 が、

瞬時に出る子ですから、

1~2 問の実況中継を見せれば、

計算の仕方をつかむものです。

 

でもつかめないようですから、

実況中継の内容を、

この子に合うように変更します。

 

ただし、

試してみなければ、

どのように変更したら、

この子に合うのか分かりません。

 

手掛かりは、

経験則です。

 

この子を計算自体に参加させる変更が、

この子に合う方法を探り出せます。

 

子どもの計算を待つように、

変更します。

 

12+6= の 12 の 1 を隠して、

2+6= が見えるようにしてから、

「2+6=?」と、子どもに聞きます。

 

この変更で、

この子は、

自分のたし算の感覚を呼び出せたようです。

 

子どもは、

たし算の感覚を使って、

「はち(8)」と答えてくれます。

 

そうしたら、

12 の 1 を見せて、

「じゅうはち(18)」と実況中継します。

 

これで、

計算の仕方をつかめたようです。

 

12+6=18 と、

自分が計算したように書きます。

 

(基本  {\normalsize {α}} -435)、(+-  {\normalsize {α}} -267)