「一定の時間で終わらせること」を先に決めてから、算数の計算問題に取り組むようにすれば、子どもの育ちが加速します。ですが、習っていると意識させることが難しい対象です。

3+1=  のような 1 を足すたし算を、

実況中継型リードで教えます。

 

体験型の学習になります。

 

自力で答えを出すことができる子に

育てることを目的にしています。

 

自力で答えを出せる体験知を

育てようとしています。

 

 

ですから、

3+1=  の 3 を示して、

「さん」と声に出して言って、

1 を示して、

「し」と声に出して言って、

= の右を示して、

「ここ、し(4)」と言うような教え方をします。

 

こちらが、

3+1=  の答え 4 を出す体験知で、

答えを出していることを見せる教え方です。

 

見ている子どもが、

こちらの体験知を盗めて、

自分のものにできたとき、

「もうできる」と言ってくれます。

 

答えの出し方であれば、

3+1=  のような 1 を足すたし算に限らず、

新しく学ぶ計算の答えの出し方の

体験知を盗めて、自分のものにできたとき、

「もうできる」と言ってくれます。

 

 

でも、

7+6=、9+3=、8+4=、・・・のような

たし算 100問をやり始める前に、

「終わらせてから遊びに行こう」と

先に決めるようなことは、

体験知を盗めて、自分のものにできても、

「もうできる」と言わないようです。

 

ここでは一例として、

「一定の時間で終わらせること」を、

先に決めてからやり始めることにします。

 

「一定の時間で終わらせること」は、

応用範囲の広い先決めになります。

 

 

こちらは、

「一定の時間で終わらせること」を

実現させるための手伝いを繰り返します。

 

集中が切れて止まっていることや、

ダラダラと計算していることを目にしたら、

子どもが、これから計算する問題を

こちらが、実況中継型リードで計算します。

 

例えば、

8+4=  の 8 を示して、

「はち」と、声に出して言って、

4 を示して、

「く、じゅう、じゅういち、じゅうに」と、

声に出して言って、

= の右の余白を示すような

実況中継型リードです。

 

このようなリードで、

1回に、5~6問手伝って、

「一定の時間で終わらせること」を

実現させるために、

5回でも、10回でも手伝います。

 

そして、

一定の時間で終わらせてしまいます。

 

 

このような手伝い方を、子どもが、

計算問題を練習するときに繰り返して、

子ども自身で、一定の時間で終わらせることが

できるようになっても、

「もうできる」と言わないようです。

 

どうやら、

計算問題の練習を始める前に、

どのようにするのかを

先に決めてから行うことを、

子どもは、

習っていると思っていないようです。

 

 

新しい計算問題の答えを

自力で出せるようになったときに

「もうできる」と言ってくれますが、

これとは、違うようです。

 

計算問題の答えの出し方は、

習っていると思っているようです。

 

でも、

計算問題の練習を始める前に、

どのようにするのかを先に決めることを、

習っているとは思えないようです。

 

そうなのですが、

計算問題の答えを出す自分自身の

内面の育ちを少しでも意識できるようになれば、

子どもの育ちが加速すると分かっているので、

「一定の時間で終わらせること」を

繰り返し実現させる手伝いを続けます。

 

(基本  {\normalsize {α}} -1375)、(+-  {\normalsize {α}} -755)

 

関連:2023年08月03日の私のブログ記事

「たし算 100問の宿題を始める前に、

何をどのようにするのかを、

心に決めるレベルは、

さまざまな育ちの違いがあります」。