(-4)-2= から、- を取って(-1 で割って)、数直線のプラス側で、4+2=6 と足して、- を付けて(-1を掛けて)、180°回転した位置の -6 が、(-4)-2= の答えです。

- を付けると、

180°の回転になります。

 

正確には、

(-1) を掛けると、

180°の回転です。

 

数直線上の 4 に、

- を付けて、-4 にすれば、

180°の回転ですから、

数直線を、0 を中心にして、

180°回転させます。

 

すると、

右の 4 にあった点は、

左の -4 に重なります。

 

4 に、- を付けたのですから、

180°回転しますから、

話が都合よく合います。

 

 

さて、

(-4)-2=  から、

- を取れば、

4+2=  です。

 

計算すると、

4+2=6  です。

 

こうしてから、

勝手に取ってしまった - を戻して、

-6 にすれば、

これが、(-4)-2=  の答えです。

 

 

ここで、

- を付ければ、

180°の回転を利用します。

 

(-4)-2=  は、

数直線上の -4 から、

左に 2つですから、

-6 です。

 

- を取った  4+2=  は、

数直線上の 4 から、

右に 2つですから、

6 です。

 

勝手に取ってしまった - を、

6 に付ければ、

-6 ですが、

6 を、180°回転させれば、

-6 です。

 

と、

このような話です。

 

(基本  {\normalsize {α}} -1384)、(分数  {\normalsize {α}} -549)

 

関連:2023年08月05日の私のブログ記事

「(-4)-2=  は、ひき算なのに引かないで、

たし算ではないのに、足して、

4+2=6  と計算します。そして、

- をつけて、答えを -6 にします。

「どうして?」ではなくて、

「どうやるの?」と考えさせるようにします」。