筆算 7+115= を、子どもから「分からない」と聞かれて、即、答えの出し方だけ、しかも、1ステップだけを教える体験をします。すると、体験知を得ます。

 {\normalsize { \begin{array}{rr} \:\:\:\:\:\:\: 7\\ +115 \\ \hline \end{array} }} \\  を、

「分からない」と聞かれた子に、

聞かれて、即、

7 と 5 を示しながら、

「しち 足す ご じゅうに(7+5=12)」と言って、

5 の真下を示して、

「ここ、に(2)」、

「指、いち(1)」と言うだけの指導を、

実際に行えば、体験です。

 

子どもは、

何か、反応してくれます。

 

この子どもの反応が、

すべて、体験知になります。

 

体験して知った知識です。

体験知です。

 

 

このような指導の体験で、

いくつかの重要なコツがあります。

 

「分からない」と聞かれた時、

子どもの顔の表情をまったく見ません、

 

チラッとでも、

子どもの顔を見ません。

 

パッと見るのは、

子どもが聞いている問題   {\normalsize { \begin{array}{rr} \:\:\:\:\:\:\: 7\\ +115 \\ \hline \end{array} }} \\  です。

 

パッと見てすぐに、

7 と 5 を示しながら、

「しち 足す ご じゅうに(7+5=12)」と言って、

5 の真下を示して、

「ここ、に(2)」、

「指、いち(1)」と言ってしまいます。

 

子どもの顔の表情をまったく見ないで、

計算問題   {\normalsize { \begin{array}{rr} \:\:\:\:\:\:\: 7\\ +115 \\ \hline \end{array} }} \\  だけを見て、

答えの出し方を

言葉にするだけの指導を体験します。

 

実際に指導することで、

じつに多くのことを知識として知ります。

 

こちら自身、

声を聴いて、

動きを見て、

セリフを言いすぎないように、

自らを制限しています。

 

このようなことが、

こちら自身の指導に関する体験知になります。

 

 

子どもは聞きたくて、聞いています。

 

必ず聞いています。

 

聞かれて、即であれば、

間違いなく、真剣に聞いています。

 

しかも、

こちらが見せる内容は、

すべて、子どもに聞かれた答えそのものです。

 

最後まで、

真剣に聞いています。

 

子どもの顔の表情をまったく見なくて、

計算問題   {\normalsize { \begin{array}{rr} \:\:\:\:\:\:\: 7\\ +115 \\ \hline \end{array} }} \\  だけを見ていても、

周辺視野から、

子どもが真剣に聴いている様子を感じます。

 

 

また、

子どもが、何か反応するとき、

子どもの鉛筆の動きだけを見ます。

 

この時も、

子どもの顔の表情を見ません。

 

子どもの鉛筆の動きは、

子どもの状態を正直に表わしています。

 

子どもが真剣に聴いている様子や、

鉛筆の動きのすべてが、

指導をしたから分かる体験知です。

 

(基本  {\normalsize {α}} -1397)、(+-  {\normalsize {α}} -767)

 

関連:2023年08月24日の私のブログ記事

「自力で答えを出したい気持ちは、

率先力の主体性です。常に、

1ステップだけを教えることで、

育てることができます」。