整数から分数を引くひき算や、帯分数から整数を引くひき算で混乱している子を、「今」を、「今」から見て、指導します。同じ子に、「未来」から、「今」を見て、指導します。得られる体験知が違うことを知るはずです。

整数から分数を引くひき算  3- {\Large\frac{2}{5}}=  や、

帯分数から整数を引くひき算  8 {\Large\frac{6}{11}}-4=  で

混乱する子が多いことを、

読んで理解して知れば、

それは学習知です。

 

3- {\Large\frac{2}{5}}=  は、

例えば、

3 を、2 {\Large\frac{5}{5}} に書き換えて、

3- {\Large\frac{2}{5}}=2 {\Large\frac{5}{5}} {\Large\frac{2}{5}}=2 {\Large\frac{3}{5}}  と計算できます。

 

 {\Large\frac{6}{11}}-4=  は、

例えば、

8-4=4  と引いて、 {\Large\frac{6}{11}} を付けて、

 {\Large\frac{6}{11}}  と計算できます。

 

このような計算で、

混乱している子です。

 

 

さて、

「今」を、

時間の流れの中のどこから見るのかを、

選ぶことができます。

 

普通は、

時間の流れの中の「今」から、

「今」を見ます。

 

普通ではありませんが、

時間の流れの中の「未来」から、

「今」を見ることもできます。

 

面白いことに、

「未来」から、「今」を見たら、

「今」は、「過去」になります。

 

と、

このようなことを読んで理解して知れば、

これは学習知です。

 

実際に、

「今」を、「今」から見る体験や、

「未来」から、「今」を見る体験をして、

子どもを指導していませんから、

知識を得ただけの学習知です。

 

 

整数から分数を引くひき算  3- {\Large\frac{2}{5}}=  や、

帯分数から整数を引くひき算  8 {\Large\frac{6}{11}}-4=  で

混乱している子に、

「今」を、「今」から見て、

指導します。

 

すると、

自然に、

「できていない部分」を見てしまいます。

 

同じ子に、

「未来」から、「今」を見て、

指導します。

 

するとこれだけの違いで、

自然に、

「できるようになった部分」を見るようになります。

 

例えば、

このような内容の

体験知を得るはずです。

 

もちろんこれは、

ほんの一例です。

 

実際に指導しています。

 

実に多くのアレコレの体験知を、

自然に、得ることになります。

 

(基本  {\normalsize {α}} -1403)、(分数  {\normalsize {α}} -558)

 

関連:2023年09月01日の私のブログ記事

「分数のひき算に、

整数が混ざると混乱している子です。

計算できる少し後の「未来」の自分を、

混乱している「今」、

現実のことのように想像すれば、

想像した姿に近付くような学び方をします」。