今の目の前の子は、四則混合を計算する前に、計算順を決める習慣を持っていません。繰り返し、「計算順?」と、計算する前に聞きます。自然に自動的に習慣が育ちます。習慣が育つまでの期間を短くできる効果的な方法は、目の前の子ではなくて、計算順を決めてから計算する近未来の子を、内面にイメージして、その子に、「計算順?」と聞くことです。

 {\Large\frac{2}{3}} {\Large\frac{1}{4}} )÷1 {\Large\frac{1}{6}}=  のような四則混合で、

正しい答えを出せなくなっているのは、

今です。

 

計算する前に計算順を決めることと、

一つ一つの計算を

別々の余白で計算するような答えの出し方を

実況中継型リードで教えて、

正しい答えを出せるように育つのは、

今より少し先の近未来です。

 

 

さて、

「計算順?」と聞くことで、

① かっこの中の + 、

② かっこの右の ÷ の順と、計算順を、

計算する前に決めるようになるのは、

このような実況中継型リードで教えている今です。

 

ですが、

今は、

こちらが、

実況中継型リードで、

「計算順?」と聞いているから、

計算する前に、

計算順を決めることができます。

 

子どもが自力で、

計算する前に、

計算順を決めるように育つのは、

今より少し先の近未来です。

 

 

こちらは、

子どもが自力で、

計算する前に、

計算順を決めることができるようになるまで、

実況中継型リードで教え続けます。

 

教え続けているとき、

少し先の近未来に、

自力で計算順を決めている子を、

こちらは、こちらの内面に、

ハッキリとイメージしています。

 

そして、

目の前の子ではなくて、

こちらが内面にイメージしている

少し先の近未来の子に

「計算順?」と聞いています。

 

たったこれだけのことですが、

実際に、

子どもに教えるときに

試してみると、

子どもの育ちが速くなることを体験できます。

 

(基本  {\normalsize {α}} -1552)、(分数  {\normalsize {α}} -609)