繰り上がりのある筆算のかけ算 29×3= の答えの出し方を、実況中継型リードを見て学ぶ子が、学び取った部分の評価は、スピードで行います。

{\normalsize{\begin{array}{rr} 29 \\\:\times\:\:\: 3 \\ \hline \end{array}}}\\  のような「2けた×1けた」の

筆算のかけ算の答えの出し方を、

1問、15秒前後の速いスピードの

実況中継型リードを見せて教えます。

 

例えば、

{\normalsize{\begin{array}{rr} 29 \\\:\times\:\:\: 3 \\ \hline \end{array}}}\\  の 3 と 9 を示して、

「さんくにじゅうしち(3×9=27)」と言って、

3 の真下を示して、

「しち(7)」、

「指、に(2)」と言います。

 

子どもが、{\normalsize{\begin{array}{rr} 29 \\\:\times\:\:\: 3 \\ \hline \:\:\:7\end{array}}}\\  と書いて、

指を 2本伸ばすのを待って、

すぐに続けて、

{\normalsize{\begin{array}{rr} 29 \\\:\times\:\:\: 3 \\ \hline \:\:\:7\end{array}}}\\  の 3 と 2 を示して、

「さんにがろく(3×2=6)」と言って、

子どもが伸ばしている指 2本を触って、

「に(2)、足して、はち(8)」と言って、

2 の真下を示して、

「はち(8)」と言います。

 

そして、

子どもが、{\normalsize{\begin{array}{rr}29\\\:\times\:\:\:\: 3 \\ \hline \:\:\:87\end{array}}}\\  と書くまでが、

15秒前後の速いスピードです。

 

 

この 1問を見ただけで、

自力で、

答えを出せるようになる子もいますけれど、

圧倒的な少数です。

 

大多数の子は、

3~4問や、

7~8問と、

同じような実況中継型リードを見た後、

自力で、答えを出せるようになります。

 

 

このような指導を

実際に行って

子どもの育ちを見守るとき、

意識して、見て欲しいのが

子どものスピードです。

 

こちらと同じようなスピードに育ったのか、

まだ、

こちらよりも遅いのかを

見守ります。

 

しかも、

部分を見るようにします。

 

 

{\normalsize{\begin{array}{rr} 29 \\\:\times\:\:\: 3 \\ \hline \end{array}}}\\  の答え 87 を出すまでに

行うべきアレコレの一連の流れの中の

この部分は、

こちらとほぼ同じスピード、

この部分は、

こちらよりも遅いスピード・・・と、

部分毎のスピードを観察します。

 

このように、

部分とそのスピードを観察することから、

いままで気付くことのなかった

新しい体験知を得ることになります。

 

(基本  {\normalsize {α}} -1553)、(×÷  {\normalsize {α}} -266)