16÷2= の答え 8 を、2の段の九九の中の 2×8=16 を利用して出します。2の段の九九の中から、2×8=16 を探し出す探し出し方まで含んだ答えの出し方を、やって見せて教えます。

16÷2=  の答え 8 を

2の段の九九を利用して出す方法を

子どもの内面のリーダーに、

実況中継型リードを見せて教えます。

 

子どもの内面のリーダーの

得意とする学び方は

見て、まねする学び方です。

 

子どもの内面のリーダーは、

子ども自身をリードして、

自力で、

答えを出せるようになりたいからです。

 

 

実況中継型リードの実例です。

 

16÷2=  の 2 を示して、

16 を示したまま、

「にいちがに(2×1=2)」、

「ににんがし(2×2=4)」、

「にさんがろく(2×3=6)」、

「にしがはち(2×4=8)」、

「にごじゅう(2×5=10)」、

「にろくじゅうに(2×6=12)」、

「にしちじゅうし(2×7=14)」、

「にはちじゅうろく(2×8=16)」、

「じゅうろく(16)に、なった」と言って、

= の右を示して、

「にはちじゅうろく(2×8=16)のはち(8)」と言います。

 

この実況中継型リードの重要なコツは、

「にいちがに(2×1=2)」から、

・・・・・・、

「にはちじゅうろく(2×8=16)」までを、

見ている子どもは、2の段を 6秒で言い切る

速いスピードの九九であることを意識して、

かなり速いスピードで、

言うことです。

 

 

子どもの内面のリーダーは、

こちらが見せる実況中継型リードを、見て、

同じように、まねしようとしています。

 

「速いなぁ・・・」などと思ったりしません。

 

子どもの速いスピードに近いような

速いスピードの見本ですから、

親しみを感じるのです。

 

そして、

ひたすら、

同じように、まねしようとしています。

 

 

答えを出すまでの一連の流れを、

同じように、まねして、

子ども自身をリードできるようになると、

「もうできる」や、

「分かった」などと、

知らせてくれます。

 

速いスピードまで同じように

まねすることができた合図です。

 

(基本  {\normalsize {α}} -1556)、(×÷  {\normalsize {α}} -267)