四則混合を計算する前に計算順を決める力は、短期間で簡単に習得できます。個々の計算の流れを瞬時に思い出す力は、修得することが難しいので、修得するまで時間が掛かります。

四則混合の計算で、

子どもが修得する力は、2つです。

 

① 計算する前に計算順を決める力。

② それぞれの計算の流れを

瞬時に思い出す力。

 

 

教えることが容易で、

獲得することが速いのが、

計算する前に計算順を決める力です。

 

例えば、

3×(5-3)=  や、

(6+12)÷3=  の四則混合を、

計算する前に計算順を決める力があれば、

計算する前に計算順を決めることができます。

 

3×(5-3)=  の計算順は、

- 、× です。

 

(6+12)÷3=  の計算順は、

+ 、÷ です。

 

 

計算する前に、

計算順を決めるこちら自身を、

3×(5-3)=  は、

 - 、× の順に、

(6+12)÷3=  は、

+ 、÷ の順に、

こちらの人差し指で、

示すことで、

見せることになります。

 

こうすれば、

計算する前に、決めた計算順を、

子どもに見せることができます。

 

見ている子どもが、

「なるほど・・・」となるまで、

必要な回数、

繰り返し見せるだけで、

子どもは、

計算する前に、計算順の決め方を、

つかむことができます。

 

 

ですが、

それぞれの計算の流れを

瞬時に思い出す力は、

見せることができないだけに、

教えにくいのです。

 

例えば、

3×(5-3)=  でしたら、

1番目に行う計算  5-3  を見た瞬間、

ひき算の答えの出し方を

思い出す力です。

 

ひき算の答えの出し方を、

瞬時に思い出すことができれば、

5-3  を見てすぐ、

答え 2 を出すことができます。

 

ひき算の答えの出し方を思い出せなければ、

5-3  を見ても、

答え 2 を出せないのです。

 

2番目の計算は、

5-3  の答え 2 を利用して、

3×2  です。

 

かけ算(九九)の答えの出し方を、

瞬時に思い出すことができれば、

3×2  を見てすぐ、

答え 6 を出すことができます。

 

かけ算(九九)の答えの出し方を、

思い出せなければ、

3×2  を見ても、

答え 6 を出せないのです。

 

 

このように、

それぞれの計算の流れを

瞬時に思い出す力は、

こちらの頭の中だけで行われますから、

子どもに見せようがないのです。

 

とても、

教えにくい力です。

 

もちろん、

計算そのものと違います。

 

計算の流れを、瞬時に思い出す力は、

手順のある分数の計算になれば、

理解しやすいはずです。

 

計算そのものと、

計算の流れを、瞬時に思い出す力は、

ハッキリ違います。

 

(基本  {\normalsize {α}} -1560)、(分数  {\normalsize {α}} -610)