7+6=、9+3=、・・・のようなたし算 100問を、10分前後で終わらせてしまう責任を子どもが持つまで、こちらが責任を代行して持ちます。わりと長い期間が掛かりますが、10分前後で終わらせる責任を、子どもが持つようになります。

7+6=、9+3=、・・・のようなたし算 100問を、

一定の時間で終わらせること、

例えば、10分くらいで終わらせるために、

数唱や、数字を読み書く力だけでなく、

子どもの内面の 3つの力を利用します。

 

① 自覚の力、

② 10分くらいで終わらせると

内面で決める力、

③ 実際に計算するとき、

速いスピードの計算に集中させる自制の力、

この 3つです。

 

 

さて、

「自制の力」が、

育つまで長い期間が掛かります。

 

こちらの忍耐が試される指導です。

 

 

実際の指導は、

集中が切れて、

しばらく計算から離れていることや、

ダラダラと計算している子に、

10分くらいで終わらせる責任を

こちらが持って行います。

 

例えば、8+4=  の 8 を示して、

「はち」と言って、

4 を示して、

「く、じゅう、じゅういち、じゅうに」と言って、

= の右の余白を示します。

 

10分くらいで終わらせる責任を

持っているこちらは、

相当に速いスピードでリードします。

 

この速いスピードの計算を、

5~6問手伝います。

 

1回に 5~6問の手伝いでは、

10分くらいで終わらせる責任を

果たせませんから、

確実に、

10分くらいで終わらせるために、

このような指導を、

5回でも、

10回でも、

20回でも行います。

 

 

こうすることで、

毎回、

こちらが

10分くらいで終わらせる責任を持って、

確実に、

10分くらいで終わらせることを続けます。

 

徐々に、

実際に計算するとき、

速いスピードの計算に集中させる自制の力が、

子どもの内面で育ちます。

 

長い時間が掛かります。

 

(基本  {\normalsize {α}} -1576)、(+-  {\normalsize {α}} -877)