たし算の虫食い算で、子どもが「出すこと」は、欠けている空欄を埋めることです。ズバリ答えを言って、子どもに書かせた後、その答えが正しいことを教えます。

繰り上がりのない筆算の虫食い算

 {\normalsize { \begin{array}{rr} 66 \\ +\: 〇〇 \\ \hline\:\:96\end{array} }} \\  や、

繰り上がりのある筆算の虫食い算

 {\normalsize { \begin{array}{rr} 66 \\ +\: 〇〇 \\ \hline\:\:91\end{array} }} \\  を習う子が

「出す学び」で、出すことは、

〇〇 を埋める答えです。

 

繰り上がりが、あるのか、

あるいは、ないのかは、

「出す学び」で、出すことではないのです。

 

だから、

 {\normalsize { \begin{array}{rr} 66 \\ +\: 〇〇 \\ \hline\:\:96\end{array} }} \\  の答えの出し方を教える前に、

繰り上がりがないことを、

まったく教えようとしません。

 

子どもが、

この虫食い算の学びで、

出すことではないからです。

 

あるいは、

 {\normalsize { \begin{array}{rr} 66 \\ +\: 〇〇 \\ \hline\:\:91\end{array} }} \\  の答えの出し方を教える前に、

繰り上がりがあることを、

まったく教えようとしません。

 

これも、子どもが、

この虫食い算の学びで、

出すことではないからです。

 

 

ですから、

次のような実況中継型リードを見せて、

〇〇 を埋める答えの出し方を教えます。

 

例えば、

 {\normalsize { \begin{array}{rr} 66 \\ +\: 〇〇 \\ \hline\:\:96\end{array} }} \\  の 〇〇 の一の位の 〇 を示して、

「ゼロ(0)」と言って、

子どもが、 {\normalsize { \begin{array}{rr} 66 \\ +\: 〇0 \\ \hline\:\:96\end{array} }} \\  と書くのを待って、

一の位の 6 と 0 と 6 を示しながら、

「6+0=6」と言うような実況中継型リードです。

 

あるいは、

 {\normalsize { \begin{array}{rr} 66 \\ +\: 〇〇 \\ \hline\:\:95\end{array} }} \\  の 〇〇 の一の位の 〇 を示して、

「く(9)」と言って、

子どもが、 {\normalsize { \begin{array}{rr} 66 \\ +\: 〇9 \\ \hline\:\:95\end{array} }} \\  と書くのを待って、

一の位の 6 と 9 と 5 を示しながら、

「6+9=15」、

95 の 5 を示して、

「5 は、これ」と言って、

66 の十の位の 6 の上の余白を示して、

「ここ、1」と言うような実況中継型リードです。

 

 

これらの実況中継型リードで、

例えば、

 {\normalsize { \begin{array}{rr} 66 \\ +\: 〇〇 \\ \hline\:\:96\end{array} }} \\  の 〇〇 の一の位の 〇 を示して、

「ゼロ(0)」と言うとき、

〇 を埋める答えの出し方を見せていません。

 

じつは、

〇 を埋める答えの出し方は、

後からです。

 

子どもが、 {\normalsize { \begin{array}{rr} 66 \\ +\: 〇0 \\ \hline\:\:96\end{array} }} \\  と書いた後、

一の位の 6 と 0 と 6 を示しながら、

「6+0=6」と言うことで教えています。

 

 {\normalsize { \begin{array}{rr} 66 \\ +\: 〇〇 \\ \hline\:\:96\end{array} }} \\  の 66 の一の位の 6 に、

0 を足して、

答え 96 の一の位の 6 になることを

教えています。

 

子どもには、

少しだけ、

ひねってある謎解きです。

 

(基本  {\normalsize {α}} -1577)、(+-  {\normalsize {α}} -878)