(-4)-2= の答えを、4+2=6 と足して、- を付けて出すことを習い、自力で計算できるようになった子です。想像力がとても発達している子でしたら、(-4)-2= の答えを、4+2=6 と足して、- を付けるモデルを、アレコレと思い付くでしょう。

(-4)-2=  の答えの出し方を、

実況中継型リードを見せて、

4+2=6  と足すことと、

- を前に付けることを教えます。

 

例えば、

(-4)-2=  の 4 と 2 を示して、

「4+2=6」と言って、

= の右を示して、

「マイナス」と言って、

子どもが、

(-4)-2=-  と、- を書いた後、

「ろく(6)」と言います。

 

子どもは、

6 を書いて、

(-4)-2=-6  と、答えが出て、

解き終わります。

 

これだけのことなのです。

 

 

このような計算を習った子が、

この計算を説明できるモデルを

思い付くことがあるでしょう。

 

例えば、

-4 を、「赤字が4万円」、

(-4)-2=  の計算はひき算ですから、

ひき算を、「損」、

2 を、「2万円」と思い付くようなことです。

 

赤字が4万円の人が、

2万円の損をすれば、

赤字が6万円になります。

 

(-4)-2=  の計算のモデルになっています。

 

 

数直線で、

左に動くことを、ひき算と、

思い付くような子もいるでしょう。

 

これはこれで、

(-4)-2=  の計算のモデルになります。

 

 

このように、

(-4)-2=  の計算の仕方を、

4+2=6  と足して、

- を付けて、-6 と、

自力で計算できるようになった後、

子どもが、

この計算を説明できるモデルを

思い付くことがあるでしょう。

 

計算を説明するモデルを

自力で計算できるようになった子が

思い付いたのですから、

思い付いたこのモデルの話を

熱心に聞いてあげるべきでしょう。

 

(基本  {\normalsize {α}} -1578)、(分数  {\normalsize {α}} -615)