2+5= の答え 7 を、2 を見て、5 を見て、3、4、5、6、7 と数えて出す方法を教えます。速いスピードで計算する見本を見せれば、速いスピードの計算を盗みます。

2+5=  の答え 7 を、出して、

そして、2+5=7  と、

4~5秒の速いスピードで、

書き終わるのでしたら、

子どもがつかんだ答えの出し方を、

認めて受け入れます。

 

こちらが見せる実況中継型リードから、

速いスピードで答えを出せるような

何らかのやり方をつかんでいるからです。

 

 

こちらが見せる実況中継型リードの実例です。

 

2+5=  の 2 を示して、

「に」と言って、

+5 の 5 を示して、

「さん、し、ご、ろく、しち」と言って、

= の右を示して、

「ここ、しち(7)」と言うだけです。

 

少しユックリと見せても、

4~5秒で終わります。

 

 

この実例は、

速いスピードで、

答えを出せる方法になっています。

 

2+5=  の 2 を示すだけです。

 

「ここを見る」などと

言葉にしていません。

 

そして、

「に」と言うだけです。

 

「読む」などと言わないで、

見た 2 を、読んだ結果を、

「に」と言うだけです。

 

それから、

5 を示して、

つまり、5 を見て、

アレコレ説明しないで、

「さん、し、ご、ろく、しち」と言うだけです。

 

 

この実況中継型リードを見た子が、

まねして、

同じようなたし算の計算問題  8+4=  を、

8 を見て、

4 を見て、

「く、じゅう、じゅういち、じゅうに」と

心の中で数えて、

8+4=12  と書くようであれば、

速いスピードの計算を盗めたからです。

 

8 を見ることも、

4 を見ることも、

「く、じゅう、じゅういち、じゅうに」と

心の中で数えることも、

速くできます。

 

 

このような実況中継型リードを見せて、

驚くことは、

「速いスピードで、

できるようなやり方をまねしなさい」などと、

言わないのに、

子どもは勝手に

速いスピードで答えを出せるやり方を

つかみます。

 

速いスピードが好きなのでしょう。

 

(基本  {\normalsize {α}} -1582)、(+-  {\normalsize {α}} -879)