1 を足すたし算の答えを、「1 つ後」で、2 を足すたし算の答えを、「2 つ後」で、3 を足すたし算の答えを、「3 つ後」で、出すように、子どもは変化します。さて、4 をたす算で、このような変化が起こるでしょうか?

子どもの育ちの経験則を知っていると、

先回りの待ち伏せで、

子どもを指導できます。

 

知らないこともあれば、

知っていても、

その時その場で思い出せなければ、

後追いの成り行き任せになってしまいます。

 

 

その一つが、

数唱を利用するたし算です。

 

5+1= のような

1 を足すたし算を、

5 を見て、

1 を見て、

「ご、ろく」と数唱を利用して、

答え 6 を出す計算です。

 

子どもが慣れると、

5+1= を、

「ご、ろく」と数えないで、

「ご(5)の 1 つ後」の感じで、

答え 6 を出すようになります。

 

 

同じように、

7+2= のような

2 を足すたし算を、

7 を見て、

2 を見て、

「しち、はち、く」と数唱を利用して、

答え 9 を出す計算です。

 

子どもが慣れると、

7+2= を、

「しち、はち、く」と数えないで、

「しち(7)の 2 つ後」の感じで、

答え 9 を出すようになります。

 

あるいは、

4+3= のような

3 を足すたし算を、

4 を見て、

3 を見て、

「し、ご、ろく、しち」と数唱を利用して、

答え 7 を出す計算です。

 

子どもが慣れると、

4+3= を、

「し、ご、ろく、しち」と数えないで、

「し(4)の 3 つ後」の感じで、

答え 7 を出すようになります。

 

 

1 を足すたし算に慣れると、「1 つ後」の感じで、

2 を足すたし算に慣れると、「2 つ後」の感じで、

3 を足すたし算に慣れると、「3 つ後」の感じで、

答えを出すように変わると、

経験則で知っていれば、

答えの出し方が変わる時を、

先回りの待ち伏せで、

待つようになります。

 

そして、

4 を足すたし算に慣れたら、

「4 つ後」の感じで、

答えを出すように変わるのだろうか・・・と、

先回りの待ち伏せで、

答えの出し方が変わることを

期待するようになります。

 

(基本  {\normalsize {α}} -1584)、(+-  {\normalsize {α}} -881)