12-8= の答えを、たし算の感覚を利用して、「8 に何かを足して、12 にする何か」で出すことを知っている子が、12÷3= の答えを、九九を利用して、3×1=3、・・・、3×4=12 で出すことを習ったとき、デジャブのような懐かしさを感じるようです。

12÷3=  の割り切れるわり算を、

3の段の九九の答えが 12 になるまで、

「さんいちがさん(3×1=3)」、

「さんにがろく(3×2=6)」、

「さざんがく(3×3=9)」、

「さんしじゅうに(3×4=12)」と唱えて、

3×4=12  から、

12÷3=4  と計算します。

 

この方法を、

次のような実況中継型リードで教えます。

 

12÷3=  の 3 を示して、

そしてすぐ、12 を示したまま、

「さんいちがさん(3×1=3)」、

「さんにがろく(3×2=6)」、

「さざんがく(3×3=9)」、

「さんしじゅうに(3×4=12)」と九九を唱えて、

「じゅうに(12)になった」と言って、

12÷3=  の = の右を示して、

「さんしじゅうに(3×4=12)のし(4)」と言います。

 

 

リードされた子は、

12÷3=4  と書きます。

 

続いて、

同じような  6÷3=  や、

24÷3=  や、

9÷3=  の答えの出し方を

同じような実況中継型リードで教えられて、

1問ずつ、

6÷3=2  や、

24÷3=8  や、

9÷3=3  と書いていきます。

 

4~5問、

7~8問と、

子どもに必要な回数見たとき、

「あぁ、なるほど」、

「分かった」となります。

 

と、同時に、

懐かしいやり方に出会ったような

遠くを見るような視線になります。

 

風景ではなくて、

答えの出し方自体に

デジャブのような懐かしさを感じるようです。

 

 

じつは、

ひき算の答えの出し方に

たし算を利用するやり方を

教えています。

 

例えば、

12-8=  のひき算の答えを、

次のような実況中継型リードで教えています。

 

12-8=  の = の右を示して、

「し(4)」と言います。

 

答えだろうと、

子どもは理解できますから、

12-8=4  と書きます。

 

 

子どもが、書いたらすぐこちらは、

12-8=4  の 8 と 4 と 12 を順に示しながら、

「はち足すし、じゅうに(8+4=12)」と言います。

 

子どもが必要な回数見たら、

12-8=  の答えの出し方を、

「8 に何かを足して、12 にする何か」と、

たし算の逆の計算と理解します。

 

このようなひき算の答えの出し方を

子どもが知っているので、

九九を利用して、

12÷3=  の答え 4 を探す方法に、

デジャブのような懐かしさ感じるようです。

 

(基本  {\normalsize {α}} -1585)、(+-  {\normalsize {α}} -882)、

(×÷  {\normalsize {α}} -270)