(-4)-2= のような正負の数の加減まで進むと、「なるほど」と理解することと、答えを自力で出せるようになることは、かなり違うと、気付くようです。

(-4)-2=  の答えが、

-6 になることを理解することと、

(-4)-2=  の答え -6 を、

計算して出すことは、

かなり違う頭の働きらしいと、

ここまでの計算力を持った子は、

気付き始めるようです。

 

 

(-4)-2=  の

答えが、-6 になることを理解することは、

「入れる学び」です。

 

自分の外の

先生や、

参考書から

情報を提供してもらいます。

 

 

答え -6 を、計算して出すことは、

「出す学び」です。

 

自分ができる計算を組み立てて

自力で答えを出します。

 

 

例えば、

(-4)-2=  の

-4 を、4万円の赤字と理解して、

ひき算を、引き出しと理解して、

4万円の赤字から、

さらに、2万円を引き出せば、

赤字が 2万円増えて、

4+2=6万円の赤字になりますから、

(-4)-2=  の答えを、-6 と理解することは、

先生からの情報や

参考書の情報からになります。

 

「入れる学び」ですから、

情報を取り入れて、

理解して、

自分なりに納得して、

「なるほど・・・」となる学びです。

 

 

一方で、

(-4)-2=  から、

4+2=6  と足して、

- を付けて、

-6 と答えを出すことは、

自分ができるたし算  4+2=6  と、

- を前に書くだけのことです。

 

「出す学び」ですから、

自分ができることだけで、

自力で答えを出します。

 

 

「入れる学び」の頭の使い方と、

「出す学び」の頭の使い方は、

かなり違うようです。

 

この違いに

何となくでも気付き始めた子は、

(-4)-2=  の答え -6 を出すときは、

「出す学び」だけに徹して、

「入れる学び」が混ざらないように

注意するようです。

 

(基本  {\normalsize {α}} -1586)、(分数  {\normalsize {α}} -619)