7+6= のような暗算のたし算を見たら、答え 13 が浮かぶ感覚を子どもがつかむために、たし算 100問を、15分前後で終わらせる練習を、ひたすら繰り返します。その子に必要とされるだけ練習すれば、突然、問題を見れば、答えが浮かぶ感覚を持ってしまいます。

7+6=、5+9=、・・・のようなたし算 100問を、

半年や、

1年続けます。

 

ひたすら、

たし算 100問を、

練習します。

 

そうすると自然に、

7+6=  を見たら、即、13 が、

5+9=  を見たら、即、14 が、

子どもの心に浮かぶようになります。

 

答えです。

 

 

ひたすら、たし算 100問を、

練習し続ける半年や、1年は、

たし算 100問を、

15分前後で終わらせるスピードを保ちます。

 

スピードを保つことで、

自然に、心に答えが浮かぶ力を持てます。

 

スピードが遅いと、

たし算 100問を、練習し続ける期間が、

長くなります。

 

 

たし算 100問を、

15分前後で終わらせるスピードを

保つ子に育てるために、

次のような実況中継型リードで、

15分前後で終わらせるスピードを

体験させます。

 

例えば、

7+6=  の 7 を示して、

「しち」と言って、

6 を示して、

8、9、10、11、12、13 と言って、

= の右の余白を示して、

子どもが、7+6=13  と書いたらすぐ、

次の問題  5+9=  の 5 を示して、

「ご」と言って、

9 を示して、

6、7、8、9、10、11、12、13、14 と言って、

= の右の余白を示して、

子どもが、5+9=14  と書いたらすぐ、

次の問題の・・・・・・と、

1回の手伝いで、

5~6問をリードします。

 

そして、

たし算 100問を、

15分前後で終わらせるために、

同じような実況中継型リードを、

3回でも、

5回でも、

10回でも

繰り返します。

 

こうして、

たし算 100問を、

15分前後で終わる結果を

繰り返し、出してしまうことで、

子ども自身、

たし算 100問を、

15分前後で終わる結果を

出すように育ちます。

 

(基本  {\normalsize {α}} -1588)、(+-  {\normalsize {α}} -883)