(-3)-5= の答えを、3+5=8 と足して、- を付けて出す子です。繰り返す計算練習を、夢中になって精一杯に楽しんで速いスピードで行えば、頭は生き生きと働いています。何かの弾みで、このような計算になっているモデルを思い付くことがあります。とても嬉しい体験です。

(-4)-2= の答えを、 4+2=6 と足して、 - を前に付けて、 -6 と計算する子です。 自力でスラスラと計算できるようになったとき、 自分の計算の仕方を説明するモデルに、 自分の頭に降ってきたような感じで、 パッと思い付くことがあります。 …

(-4)-2= の答えを、4+2=6 と足して、- を付けて出すことを習い、自力で計算できるようになった子です。想像力がとても発達している子でしたら、(-4)-2= の答えを、4+2=6 と足して、- を付けるモデルを、アレコレと思い付くでしょう。

(-4)-2= の答えの出し方を、 実況中継型リードを見せて、 4+2=6 と足すことと、 - を前に付けることを教えます。 例えば、 (-4)-2= の 4 と 2 を示して、 「4+2=6」と言って、 = の右を示して、 「マイナス」と言って、 子ども…

たし算の虫食い算で、子どもが「出すこと」は、欠けている空欄を埋めることです。ズバリ答えを言って、子どもに書かせた後、その答えが正しいことを教えます。

繰り上がりのない筆算の虫食い算 や、 繰り上がりのある筆算の虫食い算 を習う子が 「出す学び」で、出すことは、 〇〇 を埋める答えです。 繰り上がりが、あるのか、 あるいは、ないのかは、 「出す学び」で、出すことではないのです。 だから、 の答えの出…

7+6=、9+3=、・・・のようなたし算 100問を、10分前後で終わらせてしまう責任を子どもが持つまで、こちらが責任を代行して持ちます。わりと長い期間が掛かりますが、10分前後で終わらせる責任を、子どもが持つようになります。

7+6=、9+3=、・・・のようなたし算 100問を、 一定の時間で終わらせること、 例えば、10分くらいで終わらせるために、 数唱や、数字を読み書く力だけでなく、 子どもの内面の 3つの力を利用します。 ① 自覚の力、 ② 10分くらいで終わらせると …

計算そのものの言葉の説明を取り去って、計算の一連の流れだけを、実況中継型リードで見せます。言葉で説明されたら理解しなければなりません。一連の計算の流れは、そっくりそのままつかまなければなりません。言葉を理解することから解放されるから、つかむことに専念できます。

は、 繰り下がりのある虫食い算です。 の答えが 56 になっている 筆算のひき算です。 を教える実況中継型リードは、 見せているこちらの力量を 試されています。 言葉で説明することが難しい部分を 伝わりにくいのを承知で 言葉で説明します。 の一の位の…

分数の計算は、それ以前に修得済みのたし算・ひき算・かけ算・わり算の組み合わせです。ですから、組み合わせ方を選ぶことで、分数を教える順を工夫できます。

算数の計算の流れは、 たし算からひき算に移り、 それから、かけ算とわり算に進みます。 +、-、×、÷ の計算の答えを 自力で出せるようになってから、 分数です。 計算の流れだけに絞って、 分数を学ぶ順を工夫すれば、 仮分数を、 整数や帯分数に書き換え…

8+4= を見たら、答え 12 を浮かべる感覚と同時に、他に移った気持ちを、たし算に戻す力も、持つようです。

8+4=、7+6=、・・・のようなたし算 100問を、 こちらの精一杯の速さで、 試しに計算してみます。 すると、 100問の途中で、 何回か、たし算の答えを出すことから、 他の何かに、 突然、気持ちが移るはずです。 ですが、 100問のたし算を、 最…

子どもは、こちらの実況中継型リードに刺激されて、今までよりも速いスピードの計算を出します。こちらは、子どもをその気にさせる実況中継型リードを出します。共に、「出す学び」です。

8+4=、6+7=、・・・のようなたし算 100問を、 ダラダラと計算している子を、 実況中継型リードを見せて指導します。 8+4= の 8 を示して、 「はち」と言って、 4 を示して、 「く、じゅう、じゅういち、じゅうに」と言って、 = の右の余白を…

暗算のたし算 8+4= や、6+7= を、ダラダラと遅いスピードで計算している子を手伝って、速いスピードに入れ替えます。手伝い方に上達するために、手伝っている最中の実際の手伝い方を、自覚の力で事細かに観察します。

8+4=、6+7=、・・・のようなたし算 100問を、 ダラダラと計算している子の 理由が何であろうとも 少しも変えようとしないで、 今の理由をそのままにしておいて、 ダラダラとした動きだけを テキパキとした動きに入れ替えるために、 次のような 実況…

1 を足すたし算を、実況中継型リードを見せて教えている最中に、こちら自身を、自覚の力で見続けます。こちら自身の動きやセリフや心の動きです。こうするだけで、実況中継型リードを見せて教えることに、自然に夢中になります。

子どもが、 5+1=、8+1=、4+1=、7+1=、・・・ 1 を足すたし算を計算しています。 この子の状態が、 初めて 1 を足すたし算を習うことだろうが、 集中が切れていることだろうが、 モタモタユックリ計算していることだろうが、 ダラダラと嫌そう…

「3けた+3けた」の筆算のたし算を、実況中継型リードを見せて教えている最中に、リアルタイムで、こちら自身を見ることができますか?

の答えの出し方を、 次のような実況中継型リードで教えます。 の 5 と 9 を示して、 「5+9=14」と言って、 9 の真下を示して、 「ここ、し(4)」、 「指、いち(1)」と言います。 実況中継型リードを見ている子は、 と書いて、 指を 1本伸ばし…

4+7= の数唱を利用する計算は、4 から 7回数えて答えを出します。4 から数えるのですから、4 は数える回数に入らないのです。ここの理解が難しい子でも、数字の表を使って計算させれば、自然に、4 の次の 5 から、7回数えます。

4+7= の答えの出し方は、 多くの子どもを教えた経験上の話ですが、 1、2、3、4、5、6、7、8、9、10 11、12、13、14、15、16、17、18、19、20 21、22、・・・・・・と、 数字を並べた表を、 1 から 4 まで数えて、 さらに…

四則混合の計算順を、計算する前に決めてしまう習慣は、短期間で育ちます。個々の計算の流れを思い出す力は、育つまで、時間が掛かります。

四則混合を計算する前に、 計算順を決めることが、習慣になれば、 子どもの心の中の内言で、 自分自身に、「計算順?」と、聞くまでもなく、 計算順を決めています。 四則混合の計算問題を見たら、 即、のような感じで、 計算順を決めています。 こうなる前…

マイナス(負)の数や、ルート(平方根)や、虚数は、計算に慣れることを繰り返すのが得策です。繰り返し計算すれば、マイナス(負)の数や、ルート(平方根)や、虚数に親しむことで、慣れてしまいます。

-5 のマイナス(負)の数や、 のルート(平方根)や、 の虚数は、 計算問題の答えを出すことを繰り返して、 慣れてしまうことが得策です。 例えば、 2-7=-5 や、 -1-4=-5 や、 (-5)×(-2)=+10 と計算することです。 あるいは、 2…

「できる」ことを繰り返すと、「できないこと」が、「できること」に変わります。分数計算の流れを例にして話します。

見せることができることを、 見せることで、 子どもはまねすることができます。 「見せること」は、 こちら自身のできることです。 「まねすること」は、 子ども自身のできることです。 できることを ひたすら繰り返すと、 人の生まれながらに授かる不思議な…

暗算形式 8×125= を、このままの暗算形式で計算するには、右から左に見て、九九の組み合わせを探します。戸惑う子がいます。

暗算形式 8×125= を、 筆算で書けば、 です。 の計算は、 125 の一の位の 5 から、 上向きに 8 を見て、 5×8=40 と掛けて、 と書いて、 4 を覚えて、 125 の十の位の 2 から、 上向きに 8 を見て、 2×8=16 と掛けて、 覚えている …

数唱ができて、数字を読むことができて、数字を書くことができれば、2~3歳の幼児でも、3+1= を見れば、親しみを感じます。このような状態の子に、実況中継型リードで、答えの出し方をやってみせるから、まねして、自力で答えを出すようになります。

数唱を唱えられるようになり、 数字を読むことができるようになり、 数字を書くことができるようになった子が、 初めてのたし算 3+1= を見ます。 子どもの目に見える 3 を、 「さん」と読むことができます。 1 を、 「いち」と読むことができます。 +…

筆算のたし算の答えを、一の位の右から計算して書かないで、左から計算して、左から書く子がいます。右から計算するやり方の実況中継型リードを見せると、強く抵抗することがあります。強く抵抗されたまま、笑顔で、実況中継型リードを、繰り返し見せます。自然に抵抗が薄れて、消えます。

筆算のたし算 の答えを、 左の十の位から足す子に、 右の一の位から足すことを教えたとき、 子どもに、 強く抵抗されることがあります。 あってはならないことなのですが、 この子は、 筆算のたし算 の答えの出し方を、 初めて習うとき、 取り残されてしまっ…

初めての「3けた×1けた」を、3けたの百の位を隠してみせれば、「2けた×1けた」が見えます。無意識ながら、ハッキリと「できる」と決めて、そして、答えを出している計算です。

「3けた×1けた」の のような 答えの出し方を、 2 と 4 を示して、 「にしがはち(2×4=8)」と言って、 2 の真下を示して、 「ここ、はち(8)」と言うような 実況中継型リードをすれば、 こちらが、頭の中でしていることを 子どもに見せることがで…

四則混合を計算する前に計算順を決める力は、短期間で簡単に習得できます。個々の計算の流れを瞬時に思い出す力は、修得することが難しいので、修得するまで時間が掛かります。

四則混合の計算で、 子どもが修得する力は、2つです。 ① 計算する前に計算順を決める力。 ② それぞれの計算の流れを 瞬時に思い出す力。 教えることが容易で、 獲得することが速いのが、 計算する前に計算順を決める力です。 例えば、 3×(5-3)= や、…

計算問題の答えを出しているときと、いたずら書きのようなことをしているときとで、子ども雰囲気は違います。雰囲気は、子どもの出していることが生み出しています。

筆算のひき算 50問の途中 で、 計算から離れて、 余白に、いたずら書きをしている子の 今も使える「出すことができること」を見付けて、 利用します。 この子は、鉛筆を持って、 余白に、いたずら書きをしていますから、 ① 鉛筆を持つこと、 ② 問題 を見る…

算数の計算の初歩のたし算から、実況中継型リードを見せるだけの教え方をします。子どもの主体性の率先力を刺激して、たし算の答えを出すために、何をどのようにするのかを探し出させます。

主体性の率先力も、 頭の中で何をどのようにするのかを決める力も、 「何をするのか」や、 「どのようにするのかを」選ぶ力、 つまり、 選択の自由の力を、 人は、生まれながらに授かっています。 授かっていることはいるのですけれど、 力は弱いので、 繰り…

筆算のひき算 50問の途中で、答えを出すことから、いたずら書きをすることに選び変えて、そうして、いたずら書きをしている子です。この子に、こちらが代行して、いたずら書きをすることから、答えを出すことに選び変えます。

50問の途中で、 いたずら書きをしています。 「まただ」、 「この子は、どうしてこうなのだろうか?」とすると、 子どもの理解の仕方を間違えます。 この子は、 いたずら書きをすることを選んで、 そうして、 いたずら書きをしているだけなのです。 「そう…

3けたの筆算のひき算 832-356= に難しさを感じている子です。この子に、同じひき算を、暗算形式のまま計算する方法を教えます。もっと難しい計算を知った結果、筆算形式に難しさを感じなくなります。

「難しさ」は、 比べた結果感じます。 例えば、 暗算形式 832-356= のひき算は、 筆算のひき算 よりも、 「難しさ」を感じるようです。 だから、 この「難しさ」の違いを利用して、 筆算のひき算 に、 「難しさ」を感じている子に、 暗算形式 832…

16÷2= の答え 8 を、2の段の九九の中の 2×8=16 を利用して出します。2の段の九九の中から、2×8=16 を探し出す探し出し方まで含んだ答えの出し方を、やって見せて教えます。

16÷2= の答え 8 を 2の段の九九を利用して出す方法を 子どもの内面のリーダーに、 実況中継型リードを見せて教えます。 子どもの内面のリーダーの 得意とする学び方は 見て、まねする学び方です。 子どもの内面のリーダーは、 子ども自身をリードして…

子ども自身をリードするリーダーの得意な学び方は、見て、まねすることです。子どもの内面のリーダーが、自分自身のリードの仕方をまねしようとする学びです。

子どもの内面に 子どもをリードするリーダーがいます。 子どもの内面のリーダーと、 リーダーにリードされて動く子ども自身の 二役を、 子どもはしています。 この一人二役を どの子もしているから、 さまざまなことを学べます。 どの子も授かっている 独自…

計算問題の答えの出し方を、子どもから聞かれたとき、手間を惜しまずに掛けて、子どもの内面のリーダーに、子どもが、何となく気付くような教え方をします。

答えの出し方を 子どもから聞かれたら、 次の 1ステップだけを教えます。 教え方は、 実況中継型リードを中心にして、 答えを出すための次の 1ステップを こちらが、やって見せます。 目的は、 子どもの内面の 自力で答えを出すためのリーダーを 確実に育…

繰り上がりのある筆算のかけ算 29×3= の答えの出し方を、実況中継型リードを見て学ぶ子が、学び取った部分の評価は、スピードで行います。

のような「2けた×1けた」の 筆算のかけ算の答えの出し方を、 1問、15秒前後の速いスピードの 実況中継型リードを見せて教えます。 例えば、 の 3 と 9 を示して、 「さんくにじゅうしち(3×9=27)」と言って、 3 の真下を示して、 「しち(7)…

今の目の前の子は、四則混合を計算する前に、計算順を決める習慣を持っていません。繰り返し、「計算順?」と、計算する前に聞きます。自然に自動的に習慣が育ちます。習慣が育つまでの期間を短くできる効果的な方法は、目の前の子ではなくて、計算順を決めてから計算する近未来の子を、内面にイメージして、その子に、「計算順?」と聞くことです。

( + )÷1= のような四則混合で、 正しい答えを出せなくなっているのは、 今です。 計算する前に計算順を決めることと、 一つ一つの計算を 別々の余白で計算するような答えの出し方を 実況中継型リードで教えて、 正しい答えを出せるように育つのは、 今…

子どもが、誰かに依存することをやめさせることができる効果的な方法は、主体的に自分でやろうとする子ども本来の内面が、勝手に動き出すようにするだけです。

子どものこちらへの依存をゼロにする 具体的な方法が、 こちらが、 目の前の計算問題の答えを出すことに 主体性の率先力で取り組む様子を ただ見せることです。 まず、 こちらは、 計算問題だけを見ることです。 子どもを指導して、 自力で答えを出すことが…